メディア事業

■メディア事業

 想いを伝えるゼネラリスト 

メディア事業では、商品やサービスを伝えるための情報整理である「ブランドコミュニケーション」、商品やサービスを伝えるアウトプットとなる「コンテンツの制作」、商品やサービス並びにコンテンツに関する「プロデュース」を主に行っています。

情報が溢れる現代において、ユーザーが商品やサービスを判断するために要する時間は、どんどん短くなってきています。

そのため、つくり手の想いをシンプルかつ印象的に発信することが、ブランドづくりにおいて重要になっています。 想いをきちんと伝えるために、商品やサービスに関する情報を“編集”し、ユーザーに“通訳”するのが私たちEUPHONYです。

ブランドコミュニケーション

 多様化するコミュニケーション 

Webサイト・SNS・広告・販促物、そして商品やサービスそのものなど、ユーザーとのコミュニケーションが発生する箇所は無数にあり、その全てでシンプルかつ印象的に“伝える”ことは容易ではないでしょう。

商品やサービスと親和性の高いメディアやツールを選び、クリエイティブを制作し、運用していく このサイクルを回していくには、ノウハウと同時にフットワークの軽さや献身性が必要となってきます。

私たちEUPHONYでは、セクションの一部のような関係性を構築しながら、想いを表現する適切な言葉と手法を提案し、ユーザーとのコミュニケーションが発生する全ての領域で魅力を伝えるためのお手伝いをしています。

コンテンツ制作

 チャネルに合ったコンテンツ 

実店舗での接客やカスタマーサポート以外でのユーザーとのコミュニケーションは、各メディアでのコンテンツとなります。そのため、コンテンツの良し悪しで、商品やサービスに対する印象は劇的に変わってしまいます。

“注目を集め、魅力を適切に伝え、ブランドイメージを高める”

コンテンツ制作にとって、当たり前のように思えますが、チャネルが複数に渡ると行程が複雑化し、世界観を統一することも容易ではありません。

EUPHONYでは、伝え方と同時に使われ方をきちんと把握し、コンテンツ全体の世界観を重視しながらも、各チャネルの個性に応じたクリエイティブを制作しています。

プロデュース

 客観的視点による効果の最大化 

違う角度から商品やサービスを見つめることで、クオリティやユーザーの満足度がアップすることは少なくありません。

“強みと課題をきちんと判断し、各施策の目的を明確する。その上で、企業やブランドのリソースを活かす”

EUPHONYでは、トレンドは抑えながらも流されないという事を根底に考え、無理なく持続可能な方向性を示しています。

メディアやコンテンツに関わる事から、直接ユーザーと接する場面まで、幅広い領域で、より良くするためのスパイスを提案いたします。

タイトルとURLをコピーしました